山寺を歩こう②

f:id:omachaaaa:20130706135228j:plain

きてけろくん可愛いね!山形県の形をしてるんだよ!チーバくんみたいだね!

おっと誰か来たようだ

 

 

f:id:omachaaaa:20130702190008j:plain

というわけで山寺にやってきた私(おま)とさひろちゃん

 

お「さて行きましょうか!」

さ「おう!」

 

f:id:omachaaaa:20130706135546j:plain

この階段をのぼった先に国指定文化財の根本中堂があるらしい

この日は絶好の行楽日和で気温も高く日差しも強かったので

すでにこの時点で二人とも汗ダラダラ

 

そんな中ふと振り返ってみると

f:id:omachaaaa:20130706140021j:plainわあ!

f:id:omachaaaa:20130706140039j:plainうわあ!

毎日都会のビルを見て生活している山に飢えた私にはご褒美のような絶景

 

お「さひろちゃん見て!すごい綺麗!」

さ「上に行けばもっとすごいよ」

お「よっしゃー!」

 

気合も入ります

 

最初の階段をのぼりきると

f:id:omachaaaa:20130706140631j:plainデデーン

根本中堂に到着!

ブナ材の建築物としては日本最古だとか!

一か月早ければ薬師如来尊像の50年に一度の御開帳を見ることができたのですが

ウーン惜しい(´∵`)50年後また来ます(´∵`)

 

昔、伝教大師が本山・比叡山に灯した灯を分けてもらったそうで

比叡山が織田信長の焼き討ちに遭い再建した際には

逆にこちらから比叡山にその灯を分けたらしい

約1200年消えることのない不滅の法灯は実際に見ることも出来るそうです(別途拝観料が必要)

 

そして私は今の今までそのことを忘れていました

根本中堂の前でさひろちゃんにミサワ顔で「不滅の法灯って知ってる?」と

聞いた気がするのに拝観するのを忘れてました

たぶん暑さで脳ミソが溶け出していたのでしょう

このブログを書かなかったら一生思い出さなかったと思います

 

 

 

さて根本中堂を後にして先に進みます

 

f:id:omachaaaa:20130706141946j:plain

カワイイ♡

頭をなでると長命できるそうなので撫でまわしてきました

 

f:id:omachaaaa:20130706142506j:plain

!?

f:id:omachaaaa:20130706142650j:plain

なんじゃこりゃ!小さいお地蔵様がいっぱい!

 

さ「これはね、水子様だよ~」

水子様とは、中絶や流産によって胎児のうちに命を落とした霊のこと

 

山寺は「死者の魂が集まる山」としても有名で、そういえば以前山寺のどこかにムサカリ絵馬もあると聞いたことがあります

 

ムサカリ絵馬とは未婚のまま亡くなった故人を「このままでは寂しいだろう」と

遺族があの世で結婚式を開いてあげ、その様子を描いた絵馬のこと

昔の東北地方(主に山形県)に伝わる供養方法で少しオカルト要素が入ってるような感じもしますが要は「我が子に幸せになってほしい」という親の切なる思いが

そのまま形になった絵馬で、一度見てみたいと思っていました

どこにあるのか分かりませんが今回の山寺散策で見れたらいいな~でもそういうのって一般の人が見えるところに飾ってあるものなのかな?

とか思いつつ歩いていると

 

あ!あれは!?!?

 

f:id:omachaaaa:20130706144851j:plain

芭蕉さん!!!!!!!

曽良くん!!!!!!!!!!!!!!!!

 

お「芭蕉さんだー!芭蕉さんいたー!!キャッキャ!」

f:id:omachaaaa:20130706145323j:plain松尾芭蕉

お「芭蕉さんかわいー!お手手お膝に置いてるのー!かわいいー!」

さ「oh…」

 

 

お「曽良くん!曽良くんの写真も撮るー!キャッキャッ!」

さ「oh…」

f:id:omachaaaa:20130706145734j:plain河合曽良

曽良くん

 

お「……河合さん超カッケーッス」

 

ギャグマンガ日和の細道組を見慣れると曽良君が42歳のおっさんだという事実を

忘れがちでしたがそういえば彼は42歳でした

 

ヒヨラーあるある

f:id:omachaaaa:20130706150338j:plain細道組

 

芭蕉さんが山寺で詠んだ句の碑もありました

f:id:omachaaaa:20130706150727j:plain

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」

 

ちなみに芭蕉さんが山寺を訪れたのは今でいうと7月13日

私たちが山寺を訪れたのが6月30日だったので狙ったわけではありませんが

結構同じような時期だったんですね

 

まあだからなんだって話なんですけど

 

 

 

 

 

さてそろそろ本日のメインイベントにまいりましょうか

 

 

f:id:omachaaaa:20130706151109j:plain登山口

ここからは拝観料300円が必要になります

 

山寺と言えばやはり一番有名なのは1000段修行

奥の院までの1000段(正確には1015段らしいですが)の階段を

一歩一歩のぼっていくうちに自分の中の煩悩が消え去ってくれるらしいです

 

私は煩悩が人の形に集まったような人間なので頑張ってのぼりたいと思います

 

山寺名物・玉こんにゃくを食べて気合十分!

f:id:omachaaaa:20130706152343j:plain

アホみたいに美味しかった

 

次→山寺を歩こう③