山寺を歩こう④

f:id:omachaaaa:20130708020256j:plain

煩悩よ消えろ!煩悩よ消えろ!

 

いくら森の中で涼しいとはいえ、ずっと歩き続けてるとやっぱり暑い

汗が吹き出してきます

 

f:id:omachaaaa:20130708021045j:plain

紫陽花もたくさん咲いていました

 

f:id:omachaaaa:20130708021602j:plain

うわあ!大きな岩!

 

ここは長い歳月をかけて雨風が岩を削り

阿弥陀如様を掘り出したそうで、阿弥陀如来様を見つけることができた人は

幸せになれるそうです

 

それは意地でも見つけなくては!!!

 

f:id:omachaaaa:20130708022328j:plain

これ?

 

いや違う…

 

f:id:omachaaaa:20130708023919j:plain

これ?

 

ウーン違う…

 

結局見つけることはできませんでした

たぶん私の中にまだ煩悩があふれかえってるせいだと思います

でもこんな大きな岩を間近で見たときの迫力はすごい!

これを雨風がここまで削るのにどれくらいの歳月が必要だったのだろうと

この大岩がここで見てきた長い時間のことを考えてしまいました

 

 

大岩からふと下を覗いてみると

f:id:omachaaaa:20130709170619j:plainおおー!

案外高かった…(高所恐怖症)

 

 

さ「おま!もうちょっとで仁王門だよ!」

お「よっしゃ!一気に行こう!」

さ「あっ待って、日向に出るから日傘差さなきゃ…(せかせか)」

お「(女子力…)」

 

 

 

というわけで

f:id:omachaaaa:20130709171156j:plain

仁王門に到着ー!

さひろちゃん曰くここまで来ればあと少しだとのこと!

 

写真がなくて申し訳ないのですが、仁王門の左右には運慶の弟子たちが作った仁王尊像が邪悪な心を持った者が入らないよう見張っています

 

さて結構な高さまで登ってきました

f:id:omachaaaa:20130709171716j:plain

ひゃー♡♡♡

 

ここでしばらく休憩をしたのですが、風が本当に気持ち良くて

風が吹く度、体中の汗が冷やされなんともいえない心地良さがありました

これぞ夏!日本の夏!

この景色を見ながら飲んだお茶は最高においしかったです

 

f:id:omachaaaa:20130709172024j:plainぽつぽつ

それにしても山寺は岩が多い…

それも妙な形をしたものや穴ぼこだらけのものが特に目立ちます

 

昔はこの穴のなかに故人の骨を安置しておいたとかなんとか…

そういわれると途端に怖くなってきます

本当に不気味なくらい穴ぼこだらけの岩が多いんです…ひい…

 

 

 

このへんにはお土産屋さんもあります

奥の細道の本や手ぬぐいなんかも売っていてつい欲しくなる~

 

f:id:omachaaaa:20130709172409j:plain

ん?

f:id:omachaaaa:20130709172455j:plainわあい!

こういう小さな気遣いがたまらなく嬉しかったりします

あと133段か!

休憩もしてだいぶ足も回復しました!ヨッシャイクゾー!!

 

 

 

f:id:omachaaaa:20130709172638j:plainオラオラオラ!!

暑い!日差しが!暑い!そしてやっぱり足が痛い!

 

でも不思議と苦ではない…

なんなんでしょうねこの不思議な感じ…

1歩1歩ゆっくり踏みしめて登っていきます

 

f:id:omachaaaa:20130709172857j:plain

ラスト1段!!!!

(興奮のため写真がブレている)

 

 

 

ゴーーーーール!!!!!!

 

f:id:omachaaaa:20130709173046j:plain

やったーーーーーーー!!!!!

着いたーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 

無事、奥ノ院に着くことができました

約1000段を登り切って汗ダラダラ

でもすごく心地良い疲労感とそれ以上の達成感がありました

 

次→山寺を歩こう⑤